【保存板】早漏の治し方の具体例と早くいかないための対策全まとめ

【保存板】早漏の治し方の具体例と早くいかないための対策全まとめ

男として生まれたからには、セックスで彼女を満足させたい。できれば何度もイカセたい! そう思う一方、いざ挿入すると何分ももたず射精し、自己嫌悪に陥るばかり。

「早漏」という2文字にギクッとする男性は多いはずだ。

そんな早漏にまつわる悩みを解決し、自信をもってセックスを楽しめるよう、また彼女を十分に楽しませることができるよう、「早漏の治し方と対策」をテーマに役に立つ話をお届けしよう。

さて、皆さんはなぜ自分が早漏なのか、その原因をしっかり把握しているだろうか?
早漏対策はいろいろある。トレーニングもあれば早漏グッズと称するものもある。だが原因によって実感力的な対策は違うため、一概に「コレをおすすめする」というわけにはいかない。
早漏を確実に克服するためには、まずはその原因を把握すること。そこから原因に合った対策を探っていくことが大事である。

一言に早漏といってもいろいろな種類があり、原因によって次の3つに分類される

過敏性早漏
心因性早漏
衰弱性早漏

それぞれの状態を理解し、どれが自分に当てはまるかを自己診断しよう。

過敏性早漏とは?

過敏性早漏は、ペニスそのものが敏感すぎるため、ちょっとした刺激でも射精してしまうというタイプ。10代、20代の若い世代に多いのがこのタイプだ。

・締めつけられることに弱い
・手コキだとイキやすい
・亀頭の部分がとくに弱い

このどれかに心あたりのある人は、過敏性早漏を疑おう。
若くてまだセックスそのものに慣れていないということもあるだろうが、次のような原因も考えられる。

過敏性早漏の原因その1:包茎

亀頭が特に弱い原因の一つに、包茎がある。包茎の場合、亀頭は皮におおわれているため刺激に慣れていない。そのため少しの刺激でも敏感に反応し、射精に直結してしまうのである。

衛生的な面からも包茎の手術をする人がいるが、それでもすぐに早漏が改善されるわけではない。亀頭の皮膚が普段から接触刺激に慣れてくると、次第に改善していくはずだ。

過敏性早漏の原因その2:オナニーの癖

オナニーの癖が早漏の原因になっているという報告もある。

特に、「抜く」ためのオナニーを習慣的に行っている人は、射精も速い。
つまりオナニーを早く済ませている人は、ペニスに刺激を与えてすぐにイクという条件反射を体が覚えてしまっているのだ。

日頃忙しい毎日を送り、セックスが面倒、女性が面倒、性欲はオナニーで簡単に処理している人は、要注意だ。

心因性早漏とは?

心因性早漏は、女性に慣れていない、または想像力豊かな男性にも多い。
直接ペニスに触れる刺激より、女性の裸体、表情、声、感触など、五感で感じられるすべてに対して必要以上に興奮してしまい、思わず射精してしまうのがこのタイプの早漏である。

まだ挿入する前に射精してしまった。挿入やフェラよりむしろ女性の声や表情に興奮する。早漏グッズを使ってもダメだった。そんな悩みが多く聞かれるのもこのタイプ、どれかに思い当たることはないだろうか。

実は最近、早漏に悩む人の半数以上がこの心因性ということがわかってきた。心因性早漏の彼氏をもつ女性は、セックスで満足できないということになる。

心因性早漏の原因その1:経験が浅い

心因性早漏の原因として最も納得がいくのは、セックスの経験が浅いこと。特に緊張や興奮であっという間に射精して終わってしまった、そんな初体験の苦い思い出は誰にもあるだろう。

また初体験でなくても、永い間彼女ができなかったためにセックスの回数も数えるほどしかないという人の場合だ。

同じ女性とのセックス回数を積むことで興奮度が下がれば、気持ちに余裕ができて早漏も徐々に克服できるはずだ。

心因性早漏の原因その2:ストレス

セックスそのものに何かしらのトラウマ、あるいはストレスを感じていないだろうか。
例えば、過去のセックスで女性から傷つく言葉を言われたといったトラウマがあると、それをセックスの最中に思い出してしまうというケース。

この場合、萎えてしまう人もいるが、逆にストレスが交感神経を活発にさせてしまうため、早漏に拍車をかけるということがある。

また体に疲れが溜まりすぎた状態も、子孫繁栄を急ぐためか性的興奮を助長し、射精が早まる傾向にある。

心因性早漏の原因その3:セロトニン不足

セロトニンは、ノルアドレナリンやドーパミンと並ぶ三大神経伝達物質の一つである。幸せホルモンの別名があるように、セロトニンは心をリラックスさせる実感力をもっていて、これが不足すると心が落ち着かなくなる、キレやすくなる、うつ症状が出るなど不安な精神状態になる。

このセロトニンの分泌量が多ければ、精神をリラックするさせる副交感神経が優位に働き、射精を遅らせることができる。しかしセロトニンが少ない場合は、交感神経が活発化するため、興奮状態を大きくして射精を早めてしまうのだ。

朝日を浴びる、スクワットなどリズミカルな動きを繰り返すなど、セロトニンを増やす習慣を付けることが大事だ。

衰弱性早漏とは

衰弱性早漏は、年齢からくる早漏で、特に中年以上の男性に見られる症状である。加齢とともに射精をコントロールする「射精閉鎖筋」という筋肉が弱くなり射精が早くなってしまう。

40代以上の男性
射精時に勢いがない
お漏らしのような射精

こうした症状に当てはまる場合は、この衰弱性早漏の疑いがある。

衰弱性早漏の原因:筋力の衰え

また衰弱性早漏は、いきなり症状が出る場合もある。それまでは普通かそれ以上に持続していたものが、ある日いきなり早漏になってしまった。そのような人の多くが、筋肉の衰えにともなう早漏といえるだろう。
おそらくペニスだけでなく、足腰の筋肉などの衰えも感じているはずだ。

以上のように、早漏の種類にはいろいろあり、また治し方も原因によってそれぞれだ。さっそく症状別の治し方を見てみよう。

過敏性早漏の治し方

過敏性早漏はその名前が示すように、ちょっとした刺激に対しても過敏に反応し、早く射精してしまうというもの。

その解決方法は、ズバリ!刺激に慣れることしかない。
問題はどうしたら刺激に慣れるかだが、結局はトレーニングに限る。

過敏性早漏に効くトレーニング

過敏反応を抑えるためには、次のように部分とペニス全体をトレーニングする方法が最も実感力的だ。

亀頭を鍛える
カリを鍛える
ペニス全体を鍛える

具体的に説明しよう。

亀頭を鍛えるトレーニング方法

方法1:オナニーの際に竿部分を擦るのではなく、亀頭部分を中心に刺激を与える。

1、まずペニス全体にローションをつけて、全体的な刺激に慣れる。

2、刺激に慣れてきたら、次に、尿道の入り口あたりを刺激する。

3、さらに慣れたら、いよいよ亀頭と竿のくぼみ部分を刺激する。

全体から局部へ、刺激の的をしぼっていく。たったこれだけだが、続けるうちに慣れてくるはずだ。

方法2:入浴時にペニスの皮をむき、亀頭にお湯と水を交互にかけて刺激する。

包茎をはじめ、普段から刺激に慣れていない人の亀頭は、皮膚がうすいため刺激に弱い。だが温めと冷却を交互に繰り返すことによって血行が改善し、代謝が良くなることで次第に亀頭の皮が厚くなってくる。皮膚が鍛えられれば、多少の摩擦に対しても耐えられるようになる。

方法3:亀頭を歯ブラシで刺激する。

方法2と同じように、亀頭の皮膚を鍛えて強くするトレーニングだ。硬いタイプの歯ブラシを使うと痛い上に、傷がつけば大変なことになるので、くれぐれもやらわかいタイプを使用してほしい。慣れるまでは、筆を使用してもかまわない。

カリを鍛えるトレーニング方法

あなたのカリは普段から露出しているだろうか。カリは鍛えれば鍛えるほど高くなる。そしてカリを高くすることによって、早漏の悩みが解消されるのである。

もしあなたの亀頭が半分でも皮をかぶっているなら、普段から剥きグセをつけておこう。亀頭が露出していることによってパンツとの摩擦刺激に慣れ。次第にカリも高くなる。

カリを高くするトレーニングは、先ほどの亀頭オナニーと同じ方法で行うことが有効だ。
亀頭オナニーをしながら、主にカリの部分を中心に刺激することでカリが高く、刺激に強くなっていくのである。

ペニス全体を鍛える方法

方法1:手でピストン刺激を与え、射精しそうになるタイミングで亀頭の付け根を強く圧迫して射精を我慢する。これを繰り返す。

方法2:方法1とは逆に、射精しそうになる寸前で手を離し、射精感を抑える。

射精を寸止めで我慢するという方法。

射精を寸前で止めるという行為をくりかえすことで、自分の意志で制御する感覚を身に付け、同時に、自分のガマンの限界を知ることもできる。

オナニーの際には、トレーニングの一つとしてぜひトライしてみて欲しい。

心因性早漏の治し方

心因性で早漏の人で最も大切なのは、セックスという行為に対する興奮を抑えら、感情のコントロールすることだ。

刺激性早漏と同じように、まずは自分がどの状態で射精しやすいのか、興奮レベルを知ることが大事だ。

自分の興奮レベルをチェック
  下のレベル1から6の内、どの状態で射精しやすいかを診断しよう。

レベル1 通常状態
レベル2 半立ち状態
レベル3 勃起状態
レベル4 射精準備中の勃起状態
レベル5 一触即発の勃起状態
レベル6 射精状態

上のうち、レベル3以上になるとすぐにでも射精してしまう状態。自分のなかでできるだけ3以下のレベルをキープするようにコントロールすることが、射精のタイミングを遅らせるコツだ。
3以下ならまだ抑制しやすいので、感情をコントロールするなら、実践でも普通に勃起している状態を長くキープできるように心がけよう。

トレーニングの方法としては、オナニーで実際のセックスをシミュレーションしながら、できるだけ長い時間、3をキープできるよう工夫をすることだ。

最も簡単に耐えるコツは、息を吐く時間を長くすること。

セックス時の射精反射は、興奮を強める交感神経が活発にはたらいているときは射精しやすく、リラックスを促す副交感神経が活発にはたらいているときは射精しにくいといわれている。

副交感神経が勝るようにするには、息を深く吐くのが有効である。そうすることで副交感神経が活発になり、興奮状態から一気に射精してしまう連鎖をコントロールしやすくなる。

衰弱性早漏の治し方

衰弱性早漏の最大の原因は、年齢からくる衰え、つまり、射精閉鎖筋という筋肉が弱くなってしまっていることにある。

射精閉鎖筋とは、文字通り射精をストップする筋肉のこと。理屈からいけば、この筋肉を鍛えなおせばこの早漏は改善されるのですが、残念なことに、射精閉鎖筋は直接鍛えることができない。

だが方法はある。PC筋という筋肉を鍛えることで、これと連動している射精閉鎖筋を間接的に鍛えていく方法だ。

30代、40代でこのタイプの早漏の人は、まだ筋肉もつきやすい。次のようなトレーニングで徐々に筋肉を強化し、漏れる寸前にグッとガマンできるよう鍛えていこう。

PC筋トレーニング方法

チントレ前の準備/ストレッチ

ペニスを温める。
ペニスを上下左右、さまざまな方向に引っ張ってストレッチを行う。
ストレッチ後はローションを塗り、ペニス全体に血液をめぐらせるようマッサージをする。

ここまでがトレーニング前の準備だ。
チントレする前のこのストレッチによって、より実感力的に筋肉増強しやすくなる。

射精閉鎖筋のトレーニング

1.ゆっくりと肛門を締める(3〜6秒ぐらいかけて)
2.その状態のままキープする(3〜6秒)
3.力を抜いてリラックスする

1から3の動作を3〜30回繰り返す。肛門を締めるまでの時間は、なるべくゆっくりが実感力的だ。

筋肉のゆるみ具合によって限界回数は違う。普段あまり使わない筋肉だけに、最初は早々と疲れるはずだ。通常の筋トレと同じように少しずつ回数を増やし、筋肉を強化していこう。

早ければ2週間のトレーニングで筋肉がつき、射精を止めやすくなるはずだ

早漏のタイプごとに、改善のためのトレーニング方法を見てきた。

次は、早漏に悩む人たちが実践している対策で、比較的すぐに真似できる方法をご紹介しよう。

【手軽】いますぐできる早漏改善方法

1:サプリを使用する

早漏防止サプリやそれにまつわる情報を耳にしたことはあるだろうか?

ペニス増大サプリや精力増強サプリは耳にするが、早漏防止サプリというのはあまり聞かないはずだ。
実際、早漏防止サプリがないわけではないが、医師の処方箋が必要は医薬品であることが多く、副作用を伴うなど手軽に用いるには少々問題があるからだ。
また実感力に関しても、早漏をピンポイントで治すというより、ペニス増大や精力増強実感力に付随して実感力をあらわすという二次作用的な効き方となる。つまり勃起力やペニスの硬度を上げることによって刺激に対する耐性を高め、結果、早漏を防ぐことにつながっていくのだ。

2:女性のオーガズムに合わせる

セックスの醍醐味は、相手女性のオーガズムに合わせて射精することだ。
だが早漏の人は、一旦挿入してしまうと、相手に合わせるどころじゃなくなってしまう。女性を満足させるためには、できるだけ女性をイク寸前の状態にしてから挿入することがポイントとなる。

つまり前戯のテクニックを充実させ、前段階だけで女性を十分に楽しませることも、早漏をカバーするために必要なことである。

3:体位を工夫する

早漏トレーニングによって射精のタイミングを上手にコントロールできるようになったら、いよいよ実践だ。

ここで一つ、体位に注意が必要だ。

女性が優位に動ける体制は、早漏の方には向かない。できるだけあなたが優位に動け、刺激をコントロールしやすい体位で望むようにしよう。

同時に、避妊具を装着するタイミングや、外出しのタイミング、場所についても事前に頭に入れておこう。つい

4:お酒を活用

お酒は、適度に神経を麻痺させてくれるという意味で、早漏予防に役立つ薬だ。セックスの前にお酒を飲むことにより、刺激を伝達する神経が鈍くなり、挿入時間を伸ばすことができる。
ただし飲み過ぎてしまうと、勃たなくなったり、疲れて寝てしまったりと、元も子もなくなってしまう。セックス前のお酒は、くれぐれも適度に飲むことを念頭に入れておこう。

5:早漏防止グッズを使う

早漏に悩む人のために、今、さまざまな早漏防止グッズが出回っている。
特に、ペニスへの刺激を弱めるタイプの早漏対策グッズが多く、塗り薬、スプレー、飲み薬といろいろだ。こうした中から自分にあったものを選び、試してみるといい。
飲み薬は副作用があるため、まずは塗り薬やスプレーから試してみよう。

ただ、早漏のタイプが刺激性ではなく、心因性早漏の場合、塗り薬やスプレーはあまり実感力が望めない。早漏防止の実感力を強めようとして塗りすぎると感覚がなくなり、遅漏や、萎えてしまう原因にもなるので注意してほしい。

6:コンドームを活用する

刺激性早漏の手っ取り早い方法として、コンドームの厚さを厚くして接触感度を落とすという方法がある。症状が軽い人、セックスに慣れてきた人であれば、この程度でも十分に実感力がある。

また日本では販売されていないが、外国のコンドームの中には装着面(肌に触れる面)に局所麻酔薬が塗ってあるタイプも発売されているそうだ。興味のある方は手に入れてみてはいかがだろう。

7:セックス前に1度射精しておく

これは究極の一手! セックスの前に一度射精しておくことで、早漏のリスクは大幅に軽減する。

絶対に失敗したくないセックスには、この手でいこう。

【要チェック】早漏に関する女性のコメント

早漏の原因や、改善方法などを紹介してきたが、参考になっただろうか。
参考といえば、実際、女性は早漏についてどう思っているのだろうか。ツイッターひろってみた。

Q.「好きな人だったら早漏でもいい」と女性は言いますが、それって本音でなんですかね?

A子さん 
たぶん本音でしょ。好きなじゃなくても長持ちするペニスが良い、ってわけにはいいかないでしょ。やっぱり好きというほうが強い。

B子さん
彼氏は、EDもあるけど、どちらかというと早漏のほう強く気にしていたみたい。私に対して負い目になっているようなので、早漏に関する話とか、傷つけるような言葉は絶対にダメだと思う。

C子さん
早漏は客ならとても有り難い。でも彼氏で早漏とか…(´-_-。`)なんも有り難くないっっっ!!!!! 毎日でもしたいのにっ!!
付き合うと彼氏より性欲が勝る自分が悲しです!!!

D子さん
彼氏としたい。オナニーもする気ないし、超絶セックスであっても他の男はノー! だから早漏でもかまわないし、治すの協力できたらと思う。

以上のように、おおむね早漏には理解がある。男にとって非常にセンシティブな問題だけに、女性のほうも、ある程度は仕方ないと思ってくれているようだ。

早漏が原因でフラれるということはなさそうだが、理解してくれている彼女のためにも、早漏は一日でも早く治したいものだ。

早漏改善のメリット

これを読めば、あなたも必ず積極的に早漏を治したくなるはず!

早漏を治すとこんなことが実現するぞ! いつもイメージトレーニングしておこう。

自分のペニスで女性をイカせられる
セックスに自信が持てる
女性との会話に気後れしない
チントレでペニスが鍛えられ大きくなる
包茎が治る可能性がある

コンプレックスを解消するだけでなく、早漏の克服はメリットばかり!!
男としての自信が完全復活する日に向けて、前向きにトレーニングに励もう

最後に、トレーニングやサプリで早漏を改善するのではなく、完全に早漏を治療するなら病院やクリニックに行って相談してみよう。

ここに記した方法は、あくまで早漏対策であって、根本的な治療ではないことを覚えておいていただきたい。今は、早漏治療ができる病院も増えてきているので、深刻に悩んでいる人は精神的にもダメージを受ける前に一度診察してもらおう。

以上、早漏の原因と対策をお伝えしてきた。早漏は病気ではない。大勢の男が同じように悩んで、克服している。

一生に一度の人生。早漏を克服して積極的に女性と向き合い、セックスライフを楽しめるよう健闘を祈る!