ペニスが増大する仕組みやメカニズムとちんこを大きくする方法を徹底解説

ペニスが増大する仕組みやメカニズムとちんこを大きくする方法を徹底解説

昔から男の悩みといえば、ペニスの問題だろう。

もっとも多いのがペニスが小さいという劣等感。

「別れた彼女が『アレが小さくて満足できない。前の彼氏が大きかったから物足りなくて』と自分のことを話していたと耳にし、それ以来、誰ともセックスできなくなった」

「彼女の性感帯までペニスが届かず、一度もイカせられない。情けない」

男としてのプライドが大きく揺れ動くほどの深刻な悩み。

「ペニスが大きすぎるため、彼女が痛がってセックスを避ける」

「初めてのベッドインでどん引きされてしまう。女子同士で噂されて恥ずかしい思いをした」

悩みは尽きないが、大きくても小さくても死ぬ訳じゃない。
たかがペニス、されどペニス。大きく元気であることが一番なのは誰でもおもっていることだろう。

ということで今回は、ペニスがどうやったら大きくなるのかをご紹介していきたい。
勃起のメカニズムを科学的に知ることで、今一度、愛すべきジュニアとの連帯感を強めて、自信満々なセックスライフを手に入れて欲しい。

ペニスが大きくなる理由は??

ペニスを大きくするのは、陰茎内部にある海綿体だ。性的興奮を覚えるとこの海綿体に血液が大量に流れ込んで溜まり、ペニスが勃起するという仕組みになっている。
海綿体は風船、血液は空気と考えれば、イメージしやすいだろう。
海綿体(風船)に血液(空気)を入れることによって、どんどん膨れて大きくなっていくのである。
できれば破裂寸前までふくらませつづけたいものだ。

逆にペニスが増大しない理由はなに??

ペニスが大きくなるメカニズムは理解できただろうか。性的興奮から海綿体に血流が流れ込む、このスムースな連携によって、通常は満足いく大きさ、硬さを得られるはずだ。

ところが、どうしても大きくならないと悩む諸兄も少なく亡い。その理由は次の通りだ。

ペニスが大きくならない理由1:血流が弱くなっている

先ず考えられる原因として、ペニスが大きくならないのは血液の流れが悪い可能性が挙げられる。

最近、なぜか汗をかかなくなった気がする、体が冷えるなあと感じる、そんな変化はないだろうか?
それは代謝が低下している証拠であり、血流が低下していることを示している。

よく運動している人や体を使う仕事をしている人でないかぎり、20代を超えたら代謝は落ちる一方だ。脂肪も燃焼しにくくなるため太りぎみになり、筋肉は落ち、肩こりや末端の冷えといった血行不良の症状があらわれてくる。

必然的に、海綿体に流れ込む血液も減少し、ペニスが大きくならない、つまり勃起不全という状況につながっていくのだ。

性欲はあっても大きくならない。という方、サプリや薬をさがす前に、まず体全体の代謝を上げて全身の血流改善をはかってみてはどうだろう。軽い有酸素運動をして血流を上げるだけで勃起力が復活する人もいる。薬やサプリに頼るのはそれからでも遅くない。
特に薬の使用はそれなりのリスクも伴うので、血流改善等によって自力で勃起する、という方向でまずは考えるべきだろう。

もう一つ、インポテンツになる原因として、タバコも挙げられる。
タバコを吸うとアドレナリンが分泌されて血管が収縮する。血管が収縮することによって血流が滞り、最悪の場合EDなどの勃起障害になることもある。習慣的にタバコを吸っている人は、少なくともセックスの前には本数を少なくするなど、できるだけ血流を阻害しないように心がけよう。

ペニスが大きくならない理由その2:オナニーのやり過ぎで刺激が弱くなっている

性的に興奮することで大きくなるペニスは、あまりオナニーをし過ぎると実際のセックスの際に立たなくなることがある。妄想のセックスが癖になってしまう場合と、頻繁な刺激になれてしまう場合があるが、いずれの場合も性的興奮の衰えを示している。
心あたりのある人はオナニーの回数を減らし、いざという時の刺激がマックスに強くなるよう、あえて性的欲求を溜め込んおくことも必要だ。

若い人は、溜め込み過ぎもよくないので、オナニーは適度な感覚を心がけよう。

ペニスが大きくならない理由その3:ペニスを大きくするために必要な栄養素が足りてない

ペニスが増大するためには栄養も必要だ。しかし若い頃は活力そのもので立つが、年齢とともに栄養素が不足しがちになる。特に意識して摂取しないと取り込めない栄養素もあり、それが勃起障害につながっている場合もある。

ペニスを大きくするために必要な栄養素は次のようなものだ。

ペニスを大きくするために必要な栄養素

◎ 動物性精力成分

◎ 植物性精力成分

◎ アミノ酸

このように勃起に必要な栄養素は、食事から摂るのはなかなか難しい。
そこで、これらを一度に摂取できるよう工夫されているのが、いわゆるペニス増大サプリである。サプリの場合、勃起のための不足栄養素を補うという考え方であり、治療を目的とする医薬品ではないので比較的手軽に利用することができる。

このように、ペニスが大きくならないという背景には、いろいろな理由が存在し、一つの理由ではなく複雑に絡み合って勃起を止めている場合もある。

ペニスが増大しない人は、今一度、勃起を抑制する悪習慣がないか自己チェックしてみよう。

ペニスを大きくできる人の特徴は?

精力絶倫でしっかり女性を満足させることが、そんなセックスに絶対に自信をもっている人がいる。思うようにペニスを大きくできる人は、どのような特徴をもっているのだろうか。その特徴を挙げてみよう。

ペニスを大きくできる人の特徴その1:サプリを継続的に飲める人

勃起力を高める栄養素を集めたメンズサプリを継続して飲んでいる。
日頃から、勃起するために十分な栄養状態をつくっておく、そのためには継続して服用することが必要だ。メンタルうんぬんの前に、体にそれだけのパワーがないと十分な勃起は望めないからだ。

ペニスを大きくできる人の特徴その2:チントレをしている

ペニスを自在に大きくできる人は日頃から継続的にペニストレーニングを行っている。いわゆるチントレだ。その方法やトレーニングそのものを知らない人は多いようだが、やってみると意外に実感力を実感できるという声も多い。ぜひためして欲しい。

チントレのやり方

①ペニスを温める

②ペニスを伸ばす

③ペニスに血を巡らせる

④根元から亀頭まで血を送るように手で圧迫しながら動かす。

⑤亀頭辺りまで動かしたら、血を止めるように圧迫した状態で10秒〜20秒程止める。

⑥この動作を3〜4回程繰り返す。

ペニスを大きくできる人の特徴その3:適度に運動をしている

勃起はペニスに血流が流れ込み、滞留することで大きくなる。そのため最も大切なのが血流だ。そもそも、体そのものの血流が悪い人は、それだけで十分な勃起と持続は望めないといってもいい。

体の血流を改善する近道は「運動」だ。有酸素運動によって代謝をアップさせ、常に体全体の血のめぐりを良くしておくこと。それがイザという時、ペニスに血流を集中させる絶対条件といえる。

ペニスを大きくできる人の特徴その4:適度にセックスやオナニーをしている

日頃からセックスやオナニーを数多くこなしていれば大丈夫。反射的に勃起するから大丈夫。そんな考えはおすすめできない。

何でも適度に、が大事なのである。前項でも説明したように、ペニスの使い過ぎは大きくならない原因にもなる。

ちゃんと起つ人は、適度な回数、適度な興奮、適度なオナニーを実践していることをお忘れなく。

ペニスを大きくできる人の特徴その5:食生活を正して、健康を保つ

勃起は生殖行為のための生理現象である。子孫を増やすために大きくなることから考えれば、そもそも健康体でない男は子孫を増やす能力も失われて当然だ。

諸兄の食生活は充実しているだろうか。

食生活が乱れて不健康な体であった場合、それはペニスを大きくする以前の問題である。心あたりがある人は、まず食生活を見直して健康な体をつくることを考えよう。

ペニス増大に繋がる食べ物

血流を増してペニスをパワフルに大きくさせる食材を挙げておこう。
そろそろ彼女とセックスできそうなら、数日前から意識して食べるといい。

かき・馬肉・ブロッコリー・朝鮮人参・大豆・にんにく・レバー・うなぎ

こういうものを食べながら精気を養い、さらにメンズサプリなどを継続しつつ勃起力を高めていく。そのように継続的なケアをしながら血流を高めていけば、徐々に変化が見えてくるはずだ。

まとめ

ペニスが大きくなるメカニズム、そしてペニスが大きくならない理由、そうした勃起に関する知識をもつことにより、自分の勃起力を高める方法も見えてくる。
またペニスに良いとされてきた習慣が、実は勃起力を弱めている場合もある。

今の自分の勃起力はどのくらいなのか、大きくならないならその原因はどこにあるのか、何がきっかけで中折れするのか、一度じっくりと、自分の状態と向き合ってみてはどうだろう。

その後、サプリに頼るもよし、医薬品を考えるもよし、運動・食事で復活を期すのもよし、まずは自分にふさわしい対策を選ぶことが勃起不全を克服する近道といえるだろう。